他の検量:国内
 
 

国産木材の検量方法はおよそ米材の新農林規格とおなじです。 相違点は扁平材の計り方だけです。

南洋材の検量方法は全国同じです。(大蔵省通関寸検法)

米材については地域によって違っています。
新農林規格            中部地方以東
新々農林規格(統一米検)   清水港
平石(ひらごく)寸検法      関西地方以西

ここでは、新々農林規格(統一米検)、平石寸検法、国産木材の相違点をご紹介します。

新々農林規格(統一米検)
日本米材協議会が、昭和43年6月1日以降入港する米材丸太について実施するよう決議しました。
しかし地域ごとの商習慣が残っており現在まだ一部を除いて実施されていません。
一部、清水港で実施されています。

寸検方法は新農林と同じ
D:末口の最小径 単位cm
L:長さ 単位m
L’:長さ(1m未満を切り捨てたもの)

材積(V)の計算                          
1.長さ6m未満のもの  V=D×L×1/10000
2.長さ6m以上のもの
2−1.径が28cm以下のもの V=(D+(L’−4)/2×0.6)×L×1/10000
2−2.径が30cm以上58cm以下のもの  V=(D+(L’−4)/2×0.8)×L×1/10000
2−3.径が60cm以上のもの  V=(D+(L’−4)/2)×L×1/10000

 
 
  引っ張って   ひっくり返してキズとか確認
     
径を測って 足場に刻んである目盛りで長さも測る 押し出してボートで運ぶ
     

平石(ひらごく)寸検法

関西地方以西で古くから、米材についておこなわれている寸検法です。
末口の最小径(D1)と最大径(D2)を計る

D=(D1+D2)/2 単位cm
cm × cm ÷ 2=

L:長さ 単位m 
材積 V=D×L×1/10000
cm × m ÷ 10000=

国産木材の寸検法(相違点)

和42年12月、「素材の日本農林規格」に規定されています。 米材の新農林規格との相違点のみご紹介します。

扁平材の計り方
新農林規格では最小径と最大径の差を考慮するが、素材の日本農林規格では最小径とそれに直角方向の径
(最大径でないことに注意)との差を考慮する。

最小径が14cm未満のものは考慮しない
最小径が14cm以上40cm未満のもの 差6cmごとに2cmを最小径に加算
最小径が40cm以上のもの 差8cmごとに2cmを最小径に加算