検量方法:過去
 
 

石(こく)
日本ではメートル法が施行されるまで木材の計量単位は「石(こく)」でした。
今でも取引のとき石単価で商談が進むことも多いようです。
1石=1尺×1尺×10尺   3.6石=1立方メートル
土地取引でも「坪」が使われることがあります。同じですね。

尺〆(しゃくしめ)
昔、木材の計量単位で「尺〆(しゃくしめ)」という単位があったそうです。
尺〆=1尺×1尺×2間(12尺)
我々の先輩でも生きている人では、この検量方法を経験した人はいません。ですから、詳しい話は聞けません。

才(さい)
同じく、才(さい)という単位もありました
才=1寸×1寸×2間

 
 
  船から降ろした原木丸太を検量&仕訳をするため並べます   船から降ろした原木丸太を検量&仕訳をするため並べます
     

検尺人(けんじゃくにん)
材木店には木材の検量を専門にする「検尺人(けんじゃくにん)または(けんしゃくにん)」がいました。
売買のとき寸法確認のため、お客の目の前で丸太に物差しを当てるのですが、 物差しの当て方によって
買うときは小さく計り、売るときは大きく計る。そういう人が腕の良い検尺人といわれたのだそうです。
現代では当社のように売り手にも買い手にも属さない第3者機関が検量をしますのでこういうことも無くなりました。

検量人
現代、木材の検量をする人は「検量人」でなければいけません。 港湾運送事業法に規定があります。その資格は
1.国土交通省から認可を受けた検量会社に所属していること。
2.その会社で技術、経歴など検量人として適格であると認められていること。
有資格者には証明として「検量人手帳」が交付されます。

2006年5月、港湾運送事業法が改正され検量人登録制度が廃止されました。
それにかわって、検量人の知識・技能に関する基準として
・1年以上の実務経験。
・知識・技能に関する研修を受けること、が求められます。